不動産を売るなら|不動産会社に支払う手数料を事前に知ろう

物件を購入したい時

住宅模型

物件を購入したい時は、まず入居したい家の種類や支出できる費用を考えて絞り込みます。ある程度住まいに希望する条件が定まった後は、藤沢で不動産会社に行きましょう。条件に該当する物件を紹介してもらえます。事前に内覧も可能です。

不動産に関すること

婦人

東京で土地家屋調査士を探すなら、まずは東京土地家屋調査士会のサイトから、近くの事務所を検索しましょう。その際は、経験や実績を重視して探すのがベストです。そして、実際に相談する時には必ず複数の事務所で合い見積もりを取り、その上で、話をして信頼できると感じた相手を選ぶのがポイントです。

マンション売却の諸経費

家族

手数料と税金

中古マンションを買い替えのために売却する場合、様々な手数料や税金などがかかります。中古マンションは不動産会社と媒介契約をして売り出すのが一般的です。そして売買契約が成立した時点で「仲介手数料(媒介報酬)」が発生します。仲介手数料は中古マンションを売却したときに一番大きな割合を占める出費です。400万円以上で売却できた場合、「マンションの売却価格×3%+6万円+消費税」が、仲介手数料の上限の目安です。狛江のほとんどの中古マンションは400万円以上で取り引きされているので、狛江で不動産売却するならこの計算式を覚えておくと便利です。狛江で2000万円で中古マンションを売却した場合、仲介手数料上限は70万円程度、3000万円で売却した場合は100万円程度になります。まだ住宅ローンの負債が残ったまま中古マンションを売却する場合、金融機関で「抵当権抹消手続き」をする必要があります。抵当権抹消手続きをすることで、ローンの残債を処理でき、中古マンションを手放すことができます。この手続きにかかる費用は2万円程度が目安です。なお、手続きを司法書士に依頼すると司法書士への依頼料もかかります。不動産会社で不動産売買契約書を作成したときに課税されるのが「印紙税」です。印紙税は不動産売買契約書に収入印紙を貼ることで納税できます。納税額は売却価格により違いますが、狛江の中古マンションなら2万円程度になるのが一般的です。

物件を探す業者

積み木

茅ヶ崎でマンションや一戸建てなどの不動産を購入する業者を決めるには建物の種類によって使い分けるとよいでしょう。中古一戸建てなどの地元密着の物件は茅ヶ崎市内の不動産業者が、タワーマンションは大手不動産業者を利用すると良いでしょう。